短期退職は市場価値が低くなります

001

どんなに成長企業でも、明確にこれから先も存亡の危機に陥る可能性が無い、そうじゃありません。ですからそのポイントも慎重に情報収集が重要である。

現在就職内定率が過去最も低い率となった。そんな状況でも粘って採用の返事を掴み取っている人がいるわけです。内定の返事がもらえる人ともらえない人の活動の違いはいったいなんだろうか。

最近増えてきた人材紹介サービスの会社では、クライアント企業に紹介した人が短期間で退職してしまうなど失敗があると、自社の評価が低くなるから、企業のメリットもデメリットもどっちも隠さずに伝えているのである。

「志望している会社に向かって、自らという素材を、どのくらい徳があって華々しくプレゼンできるか」という能力を修練しろ、ということが早道となる。

実は仕事探しの当初は、「すぐにでも就職するぞ」そんなふうに真剣だったのに、何度も不採用ばかりで、このごろはもう会社に説明を聞くことでさえ「恐い」と感じて動けなくなってしまいます。

転職を計画するときには、「今の仕事なんかよりもっと給料も待遇も良いところがあるだろう」こんな具合に、絶対にみんなが思い描くことがあるはずなのだ。

面接と言われているものには絶対的な正解がありませんから、どこが評価されてどこが評価されなかったのかといった合否基準は会社ごとに、同じ応募先でも担当者が交代すれば全然異なるのが本当のところなのです。

間違いなく未登録の番号や非通知の電話番号より電話があったりすると、不安になってしまう気持ちは共感できますが、ぐっと抑えて、初めに自ら名前を名乗るべきです。

何としてもこういう仕事がしたいという明確なものもないし、あれもこれもと悩んだ末に、挙句の果てにいったい何がしたいのか面接で、説明することができないので困っています。

はっきり言って退職金と言っても、本人からの申し出による退職ならそれぞれの会社にもよるのだが、一般的に全額は受け取れないので、退職するまでに転職先の入社日が決まってから退職するべきなのだ。

電話応対であっても、面接試験であると意識して取り組みましょう。反対に、そのときの電話の応対やマナーが良い印象として受け取られれば、高い評価となるはずです。

面接そのものは、希望者がどういう人物なのかを確かめる場ですから、原稿を上手に暗記して話すことが大切なのではなく、精一杯話しをしようとする努力が大切です。

やっと手配の段階から面接の過程まで、長い段階を登って内定されるまで行きついたのに、内々定のその後のリアクションを間違えてしまったのでは帳消しです。

一般的には、公共職業安定所の就職斡旋で就業するのと、いわゆる人材紹介会社で仕事を決めるのと、二者共にバランスを取って進めるのが適切かと思われます。

就職試験の時に、応募者によるグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を選択している企業は増えている。会社サイドは面接ではわからないキャラクターなどを調べたいというのが狙いである。

そのため、しっかり自己分析をして準備するようにしましょう。

自己分析のやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です